読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けちロリの数奇な日常

23歳、1児の母でロリィタ1年生(๑>◡<๑)

給料をもらえないバイトがあるって、知ってました?

 

 

 

 

 

f:id:ynish5050_iy:20170307202708p:image

 

 

 

 

 

 

 

 

どもー、どもどもー、けちロリです!

 

 

 

 

 

 

 

イモトのような登場にしてみましたー♪♪

 

 

 

いらねぇ演出ですね(・ω・`)💦

 

 

 

 

 

 

 

いやあー、ありがたいことに、前記事でなんと。

 

 

 

 

 

 

 

なんと!!!

 

 

 

 

 

 

かなりのPVをいただきました(´;Д;`)(´;Д;`)

 

 

 

 

みなさん、ありがとうございます…!

 

 

 

 

けちロリ、嬉しすぎてもう、なんか…

 

 

 

 

 

ブログの趣旨変えようかなと思っちゃいました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

しかし、自分の趣味(ロリィタね)を認めてもらいたくてはじめたブログなので、主路線は変更しないでいようかな、と思っています(・ω・`)

 

 

 

 

 

 

 

これからもどーでもいい記事しか書けませんが、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

どうぞお見捨てにならぬよう、お願いいたします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて、それでは。

本題に入ります。

 

 

 

 

これもね、みなさんにお伝えしたくて書くことにしました。

 

 

 

 

 

 

 

タイトル

 

給料をもらえないバイトがあるって、知ってました?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あるんですよー、嘘みたいだけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

舞台は、某ケーキ屋さん

横須賀に支店がありますよ、横須賀市民の皆さん、気をつけてくださいねぇ。

(まあ、5年前の話だから、もうさすがに大丈夫かな?)

 

 

 

 

 

 

 

確かに面接の時、

 

 

「経営悪化なので、

お給料日にお給料がすぐに払えないことがあるかもしれませんが、大丈夫ですか?

もちろん、2週間後にはちゃんと払いますので。」

 

 

 

と聞かれたことはありました。

 

 

 

⭐︎⭐︎この店長がね、また特徴のありすぎる人なんですよー!!⭐︎⭐︎

こんな感じ↓↓

 

 

 

 f:id:ynish5050_iy:20170310144800p:image 

 うまくかけない…

 

威圧感たっぷりなんですよー。

威圧感伝えたかったんですけど………

 

 しかし本当に特徴的なんですよ、描いてて楽しかった(笑)

 

 

 

 

 

 

 

最初は耳を疑いましたが…

 (だって、それまでにいろんなバイトしてきたけど、こんなの初めてだったし、

ていうか、給料日に払えないなんて、じゃあなんのための給料日』なんだよって思いましたね、正直)

 

 

 

 

 

 

ケーキ屋さんで働くのが夢だったし、まったくもらえないというわけではない…

 

そして、前職をやってらんねぇ、と飛び出しニート状態だった私はどこでもいいからすぐにでも働きたかった。

 

 

 

 

二つ返事にはいと答え、その場で採用が決まったのですが……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はじめてのお給料日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先輩スタッフは封筒でお給料をもらっていました。

 

 

 

 

 

あ、今月はちゃんともらえる月なんだな…

と私も箱の中を探したのですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ない!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の名前がないんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すぐさま店長に確認すると、

 

「けちロリさんは入社したばっかりだから、2週間後になるって社長が言ってたよー」

 

 

ということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いま考えると、その時点で怪しかったんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

なにも知らない私は、ほっとし、そのまま2週間待つことに。

 

 

 

 

 

 

 

 

2週間後…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝からお店を閉める時間帯まで働いていた私は、いつになったらお給料が来るのか、ワクワクしながら待っていたのですが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来ない…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてまた店長に確認しました。

 

 

「ごめん、けちロリさん!今月は払えないみたい」

 

 

 

 

こんなのありかよ、だって生活しなきゃいけないのにさー

私昨日電車代(190円)ケチって10キロ歩いたのに……

 

 

 

 

 

 

 

 

内心そう思いましたが、

どうやら翌月の給料と一緒にもらえるそう。

 

 

 

 

 

 

 

またもや私は、その言葉を信じて1ヶ月待つことにしました……

 

 

 

                                   

             

                                   

                           

                                   

 

 

 

 

 結局、3ヶ月間未払い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家計のために、とオープンからラストまで働く日が多かったので、かなり稼いでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

親からも金はまだか、と催促され続ける毎日。

 

 

 

 

 

 

 

 

私はとうとう、仕事をボイコットします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある日、店長から電話が入りました。

 

 

 

 

 

「けちロリさん…、無断欠勤が続いてるからさーー、」

 

 

 

 

 

 

 

 

「お給料をもらえないのに、そちらで働く必要はありませんよね?!」

 

給料はもらえないけど、売れ残ったケーキはもらえるんですよー。

 

…ケーキもほしいけど給料よこせってんだ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあさあ、いよいよ親にもバレます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金にがめつい(この時は仕方ないね…)親は飛びつき、店長と人事担当を自宅に呼びつけました。

 

 

 

 

 

 

 

 

3ヶ月分の給料と、自社のケーキを待たせて…

(↑いや常識なんですけど、親が持ってこいって言ったんですよ!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店長の言い訳はこうでした。

 

 

 

 

「だって、私たちももらってない……」

 

 

 

 

 

 

 

だから、けちロリだけずるいだろということか?

 

 

 

 

 

 

 

私は、お前が自分の給料袋持ってるとこ見たぞ……

 

 

 

 

 

 

 

 

「私は、面接でお伝えしました。お給料は払えませんって」

 

 

…いや、それはそれで問題なんだけどさっ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

私を全面的に否定している父は、私をキッと睨みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

「…そうですか。どうも、世間知らずの娘がすみませんでした」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、もらうものはもらって、和やかにその場を収めた父。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、結局私が責められ…

 

 

 

 

 

お前がしっかり人の話聞いてないから、余計な足を使わせたんだろう!

大の大人2人も呼びつけたんだぞ!

どう落とし前つけるつもりだ!

 

 

 

 

 

 

 

……はあ、まったく私の思いは汲まれないなあ。

 

 

 

 

 

 

 

なんか、書いてて悲しくなってきたので、終わりにしまあーーす。

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、最後に!

私は、無断欠勤ということで退職させられました(笑)←クビね。

 

 

 

 

突然ですが、マラソン走ってきました!

どもー、けちロリです╰(*´︶`*)╯♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かなり突然ですが、マラソン走ってきましたー!(笑)

 

 

 

 

 

 ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

 

 

 

 

            ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

 

 

 

 

                               ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

 

 

 

 

 

f:id:ynish5050_iy:20170305182920j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

三浦国際市民マラソン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

去年はエントリーを逃してしまい惜しくも走れず……

まあー、産後すぐだったから走らない方が身のためだったかもですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は高校の恩師に教えてもらい、なんとかエントリーすることができたのですが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

練習練習と思いながらもぶっつけ本番で走りました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中学・高校と陸上を続けてきて、いくら感があるとはいえ、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校で引退後ほぼ5年間マラソンから離れているわけですから、とても無謀な挑戦でしたー(´;Д;`)💦

 

 

 

 

   

 

 

 

 

 f:id:ynish5050_iy:20170305183348j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、最後まで走りましたよ、完走しました!!!!(5キロですけどね笑)

 

 

 

 

 

 

 

ネットに上げられるようなすごーいタイムではありませんが、ぶっつけにしたらなかなかよいタイムではないでしょうかー!!?♡

よくがんばった、自分!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

走ってみると案外いけるもので、まだまだまだまだ、体力的には走れると思ったのですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左足壊しちゃったのよね(´Д` )(´Д` )(´Д` )(´Д` )(´Д` )(´Д` )(´Д` )

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アップ時から左足が調子悪いなあ、と思っていたのですが、まさか本番1キロ通過したところで左足が使い物にならなくなるとは思っても見なかったので、とてもきっついランでした。

 

 

 

 

ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

 

 

 

 

 

                      ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

 

 

 

 

ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

 

 

 

 

 

 

 

 

私も、歳ですね………(´;Д;`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自業自得とはいえ、涙が出そうなほど痛いんです(・ω・`)(・ω・`)(・ω・`)

 

 

 

 

 

 

 

 

明日、歩けるかなあ……

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、やっぱり走るのは楽しいですね╰(*´︶`*)╯♡

 

 

 

 

いつ治るかわかりませんが、治ったら今度こそ、週1は走ろうかな!

私はいま、イカっているψ(`∇´)ψ

 

f:id:ynish5050_iy:20170304073957p:image

 

 

 

 

 

 

 

おはようございます、けちロリです……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はいつにも増して暗いです(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え、だってさ、引越し来週だっつってんのに、親がどうしようもないんだもん………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いったい。どうしろってんだよ。

 

 

 

 

 

 

 

私の2つ下に、社会人の妹が1人、いるんですが、その子はどうも、逃げるみたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

はは、2番目って、どうしてこんなに要領がよくてずる賢いんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ていうかさ、ぜったい!

 

 

 

 

家庭持ってるあたしが優遇されるべきでしょ、マジで!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

どうしてあたしがさー、こんなに気を揉まなきゃいけないわけ?

 

 

 

 

 

ていうか、自分がんばれよって、

それだけの話じゃないの??!

 

 

 

 

 

 

まだまだ全然元気で健康そのものなんだしさー。

 

 

 

 

 

 

甘えるのもいい加減にしろよって。

 

 

 

 

 

 

 

 

引越しの段取りはぜんぶ済ませちゃったんだし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今更もう、どうしたって変えられるわけじゃないでしょ、そんなの…

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず、親が泣いてすがってこない限り、引っ越しはしますけどね、はい。

 

 

 

 

 

 

 

家賃交渉してこいよ、だって。

 

 

 

 

 

 

 

ふざけんなっ!!!!!!

 

 

 

 

 

 

今まで虐げられたのもありますからね、そこまでお人好しにやってらんねーよ。

 

 

 

心の、叫びでしたー(^∇^)

 

 

あー、すっきり……してない(笑)

私の生い立ち、知りた……くもないか(笑)⑦

f:id:ynish5050_iy:20170302211625p:image

↓もうそろそろ、終わりにしますね(笑)

私の生い立ち、知りた………くもないか(笑)⑥ - けちロリの数奇な日常

 

 

 

 

子どもが、、、できてしまった……………

 

 

 

 

 

 

 

避妊はしていました。

確実だったか?それは自信ありませんが…

 

 

 

 

 

 

 

当時付き合ってたった2ヶ月の彼。

結婚するなんて思ってもいない相手!

というか、好きですらもなかった相手です(ごめんよ、旦那…)。

 

 

 

 

 

 

それより、家どーすんだよ!!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、正直もうここで逃げたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

妊娠の事実から逃げたい私でしたが、金銭苦からも解放されたかった私は、子どもを産み結婚する道を選びました……….

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、ずいぶん長くなってしまいましたが、これが私のお話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここから、また物語がつづくのですが。。。

半強制的に親の所有しているセカンドハウスに入居させられ

→管理費込みの15万、家賃として実家に送金

→もう生活できねーよと家賃下げてくれるか聞いてみる

→ばっさりと断られ

→親を捨てて引っ越す

 

 

 

 

 

 

 

という感じです。

 

 

 

 

 

 

 

ここらへんがまた、親と私たちとの誤解があるみたいで、なかなかすんなりうまくいきません…

 

 

 

 

 

 

 

 

いま、私たちは薄情な裏切り者と思われておりまして………(´;Д;`)

 

 

 

 

私からすれば、薄情はどっちだ!と言いたいところではあるんですがねぇー、

それを言ってしまうと今度は血が流れますから、沈黙を守ってはいるんですが。

 

 

 

 

 

あの人たち、今になって焦り始めてるの!

 

 

 

 

まさか、とは思ったけれど、ここまで危機管理がなかったとは思いませんでした。

 

 

 

 

半年前から告知してるからね?

引っ越すぞって。

 

 

 

 

 

 

いや、本当に、契約金払う前に引き留めてくれたなら考え直しましたよ?まじで。

 

 

 

 

 

 

 

 

すーーーーっごく心配なんだもん、特に妹たちが。

 

 

 

 

 

 

ですがこの間も言った通り、私たちが親の犠牲になる必要はありません。

 

 

 

 

 

契約金払っちゃったんだから、もう出るよ。

なにがなんでも、もう出るよ。

 

 

 

 

止めなかった、自業自得だよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、本当にそれでいいの…………?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えが、なかなかわかりません、見つかりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

一体、私はいつまでこうやって生きていけばいいのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年24歳を迎えます、けちロリです。

 

 

 

 

 

 

 

私が実家に貢いで無駄にした、貴重な6年間、返してください…………

私の生い立ち、知りた………くもないか(笑)⑥

f:id:ynish5050_iy:20170302211500p:image

↓前回のURLです。

http://ynish5050-iy.hatenablog.com/entry/2017/03/02/203303

 

 

 

そんな日々で、私はあることに目覚めたのです。

 

 

 

 

 

 

そうだ、彼氏探そう

 

 

 

 

 

 

こんな生活が嫌で、早く抜け出したい。

独身で逃げるのはまず無理だから、結婚して家を出よう、と考えるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、当時20歳

 

 

 

 

 

 

仕事もプライベートもやりたいことがまだまだあったので、結婚候補を探す、という理由よりは、社会勉強、という意味合いでしかありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

21歳の1月。

妊娠してしまったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

つづく

私の生い立ち、知りた……くもないか(笑)⑤

f:id:ynish5050_iy:20170302211416p:image

↓長編になる予感……(・ω・`)

私の生い立ち、知りた……くもないか(笑)④ - けちロリの数奇な日常

 

 

 

 

 

 

そして、なにを思ったのか、私はついに掛け持ちでキャバクラを始めることにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

恋愛経験なんてゼロ、自分に投資するほどの稼ぎもゼロ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、キャバ嬢=儲かるというイメージでその世界に飛び込みました。

 

 

 

 

 

青アザをつけた、キャバ嬢。

どうでしょう、不思議な魅力を感じませんか?(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

案の定、人気は出ず、店からはすぐに追い出されました。

当たり前ですね(笑)(笑)

 

 

 

 

 

自己投資もしない(できないだけなんですけどね)、売上もとれない

 

 

 

 

 

 

 

そんなのはいらないみたいです。

ううーん、難しい業界でしたね。。

 

 

 

 

 

 

 

さて、生活はさらに困難になります。

 

 

 

 

 

 

今まで、私は1個80円のコロッケだけを1日の食事にしていたわけなんですが、ついにそれも敵わず、

 

 

 

 

 

 

 

水だけの生活へと変わっていきました。

 

 

 

 

 

 

 

あれ、私、お金稼いでるよね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 月15万程度しか稼げない私は、家計に回すと1000円程度しか手元に残りません。

 

 

 

 

 

 

 

実家暮らしなのでは…………?

 

 

 

 

 

 

 

これがまた、私の親のすごいところ。

 

 

 

 

 

 

金はもらっても、食事は与えない

 

 

 

 

 

 

んです。

 

 

 

 

 

 

 

こりゃあ、おったまげですね(・ω・`)💦

 

 

 

 

 

 

 

なので、みるみるうちに瘦せ細りました。

それこそ、病的に。

いま思い出しても、あの頃の生活は、本当に辛かった…

 

 

 

 

 

 

 

つづく

私の生い立ち、知りた……くもないか(笑)④

f:id:ynish5050_iy:20170302211344p:image

↓こちらの続きです╰(*´︶`*)╯♡

 私の生い立ち、知りた……くもないか(笑)③ - けちロリの数奇な日常

 

 

 

 

 

 

 

 

このアパレル店。

ここでも、私には居場所がありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

要領の悪い私。

そう、先輩スタッフから邪見にされるのです。

 

 

 

 

 

 

は?なんでそんなこともわかんないわけ。

 

何回間違えれば気がすむの?

 

あんた、本当にやる気あるの?

 

なんでこんなの雇ったんだろうねぇー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生活のために、私は辞めることはしませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

だって、当時時給900円、最高に時給が高かったのですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな必死になって働いて得たお金も、給料日には全て家計に消えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に虚しい……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎回、給料日が来るのがイヤでした。

自分のお金が、消えていく。

いや、もともと生活を支えるために働くことにしたのだから、そんなこと考えてはいけないのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

けれど、私と同じ年頃の女の子は、みんなおしゃれして友だちや彼氏と遊んで……

すごく楽しそうなのに、なにも悪くないのに、どうして私はこんな惨めな生活を送っているのだろう…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が泣いていても、父はおろか、母もなにもしてくれません。

 

 

 

 

 

 

 

これが生活をするってことなんだから…

 

 

こんなことで、情けない

 

 

 

 

 

 

 

 

父の暴力や暴言も、絶えず続きます。

15年以上、ほぼ毎日受けていた虐待。

 

 

 

 

 

 

 

この頃には私にはそれが【普通】となっていました。

 

 

 

 

 

 

 

つづく