読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けちロリの数奇な日常

23歳、1児の母でロリィタ1年生(๑>◡<๑)

私の生い立ち、知りた……くもないか(笑)②

虐待 暴露

f:id:ynish5050_iy:20170302211012p:image

 

↓こちらの続きです╰(*´︶`*)╯読んでね♡

by:私の生い立ち、知りた……くもないか(笑) - けちロリの数奇な日常

 

 

 

 

 

 

そして、私が中学2年の年。

一回り以上も離れた妹が産まれます。

 

 

 

 

 

 

不道徳ではありますが、私は最後まで産むのを反対しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

…だって、私が知っている限り、家計破綻寸前だったんですから。

 

 

 

 

 

 

そのころ、まだ大学に行かせてもらえると夢を持っていた私は、

子ども3人大学まで行かせられるまでに回復しているんだろうな、と勝手に思っていました。

 

 

 

 

 

 

 

そして、私は高校生になります。

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ、私の家計負担がはじまります。

 

 

 

 

 

 

 

…といっても、高校無償化の時代、自分の学校関連の費用(教科書代、学年費、PTA会費)を払うだけだったんですけどね!

 

 

 

 

 

 

その頃には、大学に行きたいと言えなくなりました。

 

 

 

 

 

そんなお金なんて、ないと悟ったからです。

 

 

 

 

 

 

いま思えば、アルバイト代をコツコツ貯めていればよかったんですよね…。

 

 

 

 

 

 

奨学金なんてもらえるほど、父の年収は低くありません。

 

 

 

 

 

 

では、なぜそんなにも貧乏なんだろう……?

 

 

 

 

 

 

 

私の実家は《持ち物》が多いのです。

 

 

 

荒れ放題の土地

買っただけで満足の絵画

金儲けかなにか知らないけど立地が最悪な不動産

改造だらけで1000万ほど費やしたスポーツカー

 

 

 

 

 

 

 

全てなにも考えずに、欲を満たすためだけに買った負の財産

 

 

 

 

 

 

いまも全て持っている親は、果たして羨むべき存在なのだろうか…

 

 

 

 

 

 

 

土地も不動産も、相殺ができずに売れません、

スポーツカーも趣味なので売りません。

 

 

 

まったくなにも危機感を感じていない、 ただの腰抜けです。

 

 

 

 

やりたいことをやりたい放題で軽々しくローンを組み、計画性のない彼らはついに首が回らなくなり、

次には借金で生計を立てることにしました……

 

 

 

 

 

 

つづく。