読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けちロリの数奇な日常

23歳、1児の母でロリィタ1年生(๑>◡<๑)

私の生い立ち、知りた……くもないか(笑)③

f:id:ynish5050_iy:20170302211237p:image

↓こちらの続きです。読んでみてねー♡

 

その1

 私の生い立ち、知りた……くもないか(笑) - けちロリの数奇な日常

 

その2

私の生い立ち、知りた……くもないか(笑) - けちロリの数奇な日常

 

 

 

 

 

いよいよ、私は高校を卒業します。

 

 

就職が困難な時代であったということもありますが、私のスキルが足りなかったためにフリーターへ。

 

 

 

その頃には小さな妹が2人もいて、母親は育児を私に丸投げし、

疲れただなんだと1日中ゴロゴロしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アルバイトは週3日。

 

だって、妹の世話しなきゃいけないんですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が母親と言っても過言ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、そんな中、父のお告げがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっと働け!!

もっと金を入れるんだ!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

信じられます?

自分の子どもを必死こいて育ててる娘に対して、そんなこと言うんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴロゴロしてる母ではなく。

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、育児に嫌気がさしていた私にはちょうどよい逃げ、

私は1日16時間、週5日で働くことにしました。

 

 

 

 

 

早朝5時から7時まで弁当の仕込み、

昼間の10時から18時まで某遊園地、

夜の20時から翌2時まで外食業の清掃

 

 

 

 

 

 

 

これだけ働いても、15万程度の収入、家族6人を支えるには、とてもとても少ない稼ぎでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして結局、体が辛くて3ヶ月しか続かず、時給がよく負担の少ない昼間のアルバイトだけに絞ることに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも、精神病の私に父は言います。

 

 

 

 

 

 

 

 

もっと稼げ!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう2度とあんな大変な思いはしたくない。

 

 

 

 

 

 

 

もっと効率よく、たくさん稼ごう…

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、いま現在も働き続けている、某アパレル店の面接を受けることにしたのです。

 

 

 

 

 

 

つづく