読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けちロリの数奇な日常

23歳、1児の母でロリィタ1年生(๑>◡<๑)

給料をもらえないバイトがあるって、知ってました?

 

 

 

 

 

f:id:ynish5050_iy:20170307202708p:image

 

 

 

 

 

 

 

 

どもー、どもどもー、けちロリです!

 

 

 

 

 

 

 

イモトのような登場にしてみましたー♪♪

 

 

 

いらねぇ演出ですね(・ω・`)💦

 

 

 

 

 

 

 

いやあー、ありがたいことに、前記事でなんと。

 

 

 

 

 

 

 

なんと!!!

 

 

 

 

 

 

かなりのPVをいただきました(´;Д;`)(´;Д;`)

 

 

 

 

みなさん、ありがとうございます…!

 

 

 

 

けちロリ、嬉しすぎてもう、なんか…

 

 

 

 

 

ブログの趣旨変えようかなと思っちゃいました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

しかし、自分の趣味(ロリィタね)を認めてもらいたくてはじめたブログなので、主路線は変更しないでいようかな、と思っています(・ω・`)

 

 

 

 

 

 

 

これからもどーでもいい記事しか書けませんが、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

どうぞお見捨てにならぬよう、お願いいたします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて、それでは。

本題に入ります。

 

 

 

 

これもね、みなさんにお伝えしたくて書くことにしました。

 

 

 

 

 

 

 

タイトル

 

給料をもらえないバイトがあるって、知ってました?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あるんですよー、嘘みたいだけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

舞台は、某ケーキ屋さん

横須賀に支店がありますよ、横須賀市民の皆さん、気をつけてくださいねぇ。

(まあ、5年前の話だから、もうさすがに大丈夫かな?)

 

 

 

 

 

 

 

確かに面接の時、

 

 

「経営悪化なので、

お給料日にお給料がすぐに払えないことがあるかもしれませんが、大丈夫ですか?

もちろん、2週間後にはちゃんと払いますので。」

 

 

 

と聞かれたことはありました。

 

 

 

⭐︎⭐︎この店長がね、また特徴のありすぎる人なんですよー!!⭐︎⭐︎

こんな感じ↓↓

 

 

 

 f:id:ynish5050_iy:20170310144800p:image 

 うまくかけない…

 

威圧感たっぷりなんですよー。

威圧感伝えたかったんですけど………

 

 しかし本当に特徴的なんですよ、描いてて楽しかった(笑)

 

 

 

 

 

 

 

最初は耳を疑いましたが…

 (だって、それまでにいろんなバイトしてきたけど、こんなの初めてだったし、

ていうか、給料日に払えないなんて、じゃあなんのための給料日』なんだよって思いましたね、正直)

 

 

 

 

 

 

ケーキ屋さんで働くのが夢だったし、まったくもらえないというわけではない…

 

そして、前職をやってらんねぇ、と飛び出しニート状態だった私はどこでもいいからすぐにでも働きたかった。

 

 

 

 

二つ返事にはいと答え、その場で採用が決まったのですが……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はじめてのお給料日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先輩スタッフは封筒でお給料をもらっていました。

 

 

 

 

 

あ、今月はちゃんともらえる月なんだな…

と私も箱の中を探したのですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ない!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の名前がないんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すぐさま店長に確認すると、

 

「けちロリさんは入社したばっかりだから、2週間後になるって社長が言ってたよー」

 

 

ということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いま考えると、その時点で怪しかったんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

なにも知らない私は、ほっとし、そのまま2週間待つことに。

 

 

 

 

 

 

 

 

2週間後…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝からお店を閉める時間帯まで働いていた私は、いつになったらお給料が来るのか、ワクワクしながら待っていたのですが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来ない…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてまた店長に確認しました。

 

 

「ごめん、けちロリさん!今月は払えないみたい」

 

 

 

 

こんなのありかよ、だって生活しなきゃいけないのにさー

私昨日電車代(190円)ケチって10キロ歩いたのに……

 

 

 

 

 

 

 

 

内心そう思いましたが、

どうやら翌月の給料と一緒にもらえるそう。

 

 

 

 

 

 

 

またもや私は、その言葉を信じて1ヶ月待つことにしました……

 

 

 

                                   

             

                                   

                           

                                   

 

 

 

 

 結局、3ヶ月間未払い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家計のために、とオープンからラストまで働く日が多かったので、かなり稼いでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

親からも金はまだか、と催促され続ける毎日。

 

 

 

 

 

 

 

 

私はとうとう、仕事をボイコットします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある日、店長から電話が入りました。

 

 

 

 

 

「けちロリさん…、無断欠勤が続いてるからさーー、」

 

 

 

 

 

 

 

 

「お給料をもらえないのに、そちらで働く必要はありませんよね?!」

 

給料はもらえないけど、売れ残ったケーキはもらえるんですよー。

 

…ケーキもほしいけど給料よこせってんだ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあさあ、いよいよ親にもバレます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金にがめつい(この時は仕方ないね…)親は飛びつき、店長と人事担当を自宅に呼びつけました。

 

 

 

 

 

 

 

 

3ヶ月分の給料と、自社のケーキを待たせて…

(↑いや常識なんですけど、親が持ってこいって言ったんですよ!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店長の言い訳はこうでした。

 

 

 

 

「だって、私たちももらってない……」

 

 

 

 

 

 

 

だから、けちロリだけずるいだろということか?

 

 

 

 

 

 

 

私は、お前が自分の給料袋持ってるとこ見たぞ……

 

 

 

 

 

 

 

 

「私は、面接でお伝えしました。お給料は払えませんって」

 

 

…いや、それはそれで問題なんだけどさっ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

私を全面的に否定している父は、私をキッと睨みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

「…そうですか。どうも、世間知らずの娘がすみませんでした」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、もらうものはもらって、和やかにその場を収めた父。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、結局私が責められ…

 

 

 

 

 

お前がしっかり人の話聞いてないから、余計な足を使わせたんだろう!

大の大人2人も呼びつけたんだぞ!

どう落とし前つけるつもりだ!

 

 

 

 

 

 

 

……はあ、まったく私の思いは汲まれないなあ。

 

 

 

 

 

 

 

なんか、書いてて悲しくなってきたので、終わりにしまあーーす。

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、最後に!

私は、無断欠勤ということで退職させられました(笑)←クビね。